fc2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🐱🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します        コメントもお寄せ下さいね。      

155.詩 「たんじょうび」


  「誕生日」
おかあさん
今日 お仕事おわったら
なるべく早く帰ってきてね
だけど、自転車でころんじゃだめだよ
山口さんちの角んとこ 気をつけてね
ときどき ワン!って チョロがほえるから
それから ブッシュのケーキかってきてね
なるべく大きくってかっこいいやつ
ロウソクもわすれちゃだめだよ
テーブルには赤いお花をかざってね
赤いのって なんだかやるきがでちゃうんだボク
それから・・・と
ごちそはういっぱいつくってね
ボクの大好きなもんばっかりね
それから それから・・・
おかあさん
いっぱいいっぱい おしゃれしてね
ボクがびっくりするくらい
だれにも負けないくらい
きれいにしてね
だって…
今日は おかあさんの誕生日なんだもん

この詩は、10年以上前に書いたものです。以前にも紹介いたしましたが…
久喜市在住の鷹栖光昭氏(東京交響楽団のチェロ奏者)が、音楽教室のHPで
紹介されていたご趣味の写真(玄関先の赤い花)に、私が詩をつけさせて頂いたものです。
残念ながら氏は2012年に53才という若さでご逝去されました。残念です。

私が詩をつけたのは約50作品ほどですが、すっかりお蔵入りしていた為、少しずつ紹介していきます。
このブログの最初にある「トリュフ殺人事件」もそのひとつです。写真は鷹栖氏撮影です。

このページのトップへ

154.メダカ通信

全国的に猛暑と台風被害…お見舞い申し上げます。
この暑さでは畑の野菜たちも干からび状態。でも唯一真っ赤なトマトだけは、雨の少ない南米出身だけあって、水をあげなくても元気いっぱい。美味しいミニトマトを次々と提供してくれます。

こんな暑さにはメダカちゃんの世話が楽しいです。一日見ていても飽きないくらい可愛いです。というか出産ラッシュが楽しいのね。
でも早速に盗難被害です。一番好きな真っ赤な楊貴妃と、微妙な色合いが美しいメビナメダカ"(-""-)"。数が増えてきたところだったのに残念でなりません((+_+))。私の悔しがりを見た息子が、さっそく人感センサーライトと人感チャイムを買って設置してくれました。

あこやの合唱活動は合唱祭にむけて順調に練習も進んでいます。酒井先生が元のメロディにハーモニーをつけて下さり別作品のように素晴らしい合唱曲になりました。歌の声が出なくなった私は聴いているのみです。
コンコーネ50への作詞は22番でストップしてしまいました。頭たたいて「歌詞よ出てこい!」と。

21番「夏惑い」
  ♪泣いた日もあった 若さゆえの恋
   わけもなくあふれてきた熱い涙・・・
   ・・・以下略・・・

22番「ラララな猫」
  ♪雨がやんだらホラ 猫の見回り
   シッポ立てて ラララ・・・
    ・・・以下略・・・

23番は…なかなか良い歌詞が浮かんできません。

このページのトップへ

153.夏だより

日本全国猛暑猛暑…かと思えば各地で思わぬ大水害の夏です。心よりお見舞い申し上げます。
あまりの暑さと忙しさの為に、窓から見える空き地駐車場は草ぼうぼう、かろうじて畑のスペースはトマトやナスが大豊作です。
メダカたちの水槽も発泡スチロール箱はOKですが、火鉢や陶器の器では日陰に置かないと、水が熱くなってしまいます。今年は産卵がとても盛んで、どんだけ増えるんだろうと楽しみ。今夏に生まれたメダカたちまでもう産卵始めましたからね。
そして一昨年に植えたブドウの木が、あまり枝を伸ばさないようにしているのですが豊作です。。シャインマスカットと藤稔で30房ほどです。食べられる庭木は楽しみですね。


ところで猫のリリーが夜の11時になるのにまだ夕涼みから帰ってきません。夜風が気持ちいいんでしょうね。家の中の方がずっと涼しいのに自然の風がお好みの様です。時折家の周りのコンクリートの上で寝ていたりするんですよね。今夜は行方知らずです。そうやって夜中に…2階ベランダの網戸に爪をひっかけてカリカリカリ(家に入れてえ)とくるんです。厄介者です。

このページのトップへ

152. ナスカ演奏会「ロ短調」

去る6月10日の文京シビック大ホールで開催した音楽集団ナスカによる「バッハ/ロ短調演奏会」は820名以上の皆様にお越しいただきました。残念ながら私自身は3月の喉疾患手術で歌声を失い参加することができませんでした。ほぼ全曲の練習まで進んだというのに…

演奏会は素晴らしいものでした。オーケストラ、ソリスト、合唱団、そして酒井先生の余裕の指揮ぶり…しいて言えば合唱団の人数がもう少し欲しかったかもしれませんね。
ソリスト4人の中にはコンコーネの動画配信でも有名な小川明子さんがおられました。コンコーネに作詞を試みている私としては、ぜひともコーラスの一員として歌いたかったです。残念極まりないです。2時間半ほどの演奏でしたが、周りの客席からも友人知人も「とても良い演奏会だったね~」と口をそろえて言っていました。ホントにそう思いました。

皆さま本当にお疲れさまでした(前日の夜にもオケ合わせで長時間練習だったのですから。もちろん当日も朝早くから集合で練習でした)。今回の演奏会は、練習期間がとても短かったので、この大作品を仕上げるのに並々ならぬ苦労をされました(特にあこやは‥)。へとへとだったわよと…頑張ったね!おつかれ~さま。

このページのトップへ

151.ロ短調から・コンコーネへ

去る6月10日、東京文京シビック大ホールで、音楽の集「ナスカ」による、バッハのロ短調ミサ曲演奏会が行われました。広い会場に820人以上のお客様を迎えての素晴らしい演奏会でした。酒井良一氏を指導者として仰ぐ、音楽集団ホツマ、あこや、あわの、なゆた、などの合同である音楽の集「ナスカ」の演奏会です。
とても歌いきれないと思っていた分厚い楽譜本を手に、昨年10月から練習を始めた「あこや」の私達。。私も3月初めまでは一生懸命練習に励んでいました。
しかし突然の甲状腺ガンの宣告で手術・・・結果、歌声はすかりガラガラ声と化し、やむなく客席で聴くだけとなりました。約2時間の演奏中…私は客席にいて心のなかで歌い続けました。そして40数年の合唱生活にサヨナラです。
ところがまだ女声合唱の集「あこや」のための仕事が残っていました。コンコーネの作詞です。コンコーネ50作品の中から、まず20作品への詩を書き終えました。10月の久喜市合唱祭にて「あこや」が数曲を初披露いたします。
 例えば・・・  
   夢のなかで名前よばれ
   振り向いたの 私
   なにか言おうと もがくけれど
   セリフひとつも こぼせないまま
     ・・・以下略・・・
     ※さて何番の歌詞でしょうかしら?

影の声…6番「夏の目覚め」です。6番には他に「よっぱらい」と「母の唄」があります。、

このページのトップへ

150.春の賑わい。


はて…このフラミンゴのような2つの物体はなに?ヒントは足元をご覧ください。
j先日物置ロッカーを開けたら、写真のものがあって驚きました。正体は、コンニャク芋です。すっかり忘れていたら、写真のように芽が伸び茎がのび、間もなく葉っぱが開くところでした。中央の芋はまだ芽が出たばかりなので大丈夫。すぐに美味しいコンニャクを作りました。相変わらずプルンと柔らかでおいしいです。

DSC_0669 (1)
畑では食べきれない春菊が次々と黄と白の美しい花を咲かせています。毎日のように摘み取って食べたり飾ったり、差し上げたり。花瓶に刺して飾ると部屋がパッと明るくなります。野菜類は、ナス、トマト、万願寺唐辛子、ネギ、ブロッコリー、サンチュ、ほうれん草の種まき。でも勢いづいた雑草との戦いです。
小さなミカンとポポーの実もなっています。スペシャルは二種類のブドウです。特にシャインマスカットは20房ほど花が咲いています。
一昨日はご近所のバラ庭園で絵画のギャラリ―兼お茶会があり、昨日は静岡から二人の旧友が遊びに来てくれて…ひととき若いころに戻りました。毎日楽しいことばかり。でも歌が歌えないのが残念でなりません。


このページのトップへ