FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

78.レバー・らっきょう・ヤモリ

DSC_0167.jpg
昨夜レバーペースト作りました。(写真はちょっと暗いですが)
豚レバーは少し匂いがきになるので、若鶏のレバーです。
レバー300g、オリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、牛乳、セロリ、
ナツメグ、塩コショウ、顆粒コンソメが入っています。
フードプロセッサーが壊れたので、すり鉢でちょっと大変でした。
少しトーストしたパンに付けて…とっても美味しいです。
さらに半熟目玉焼きを乗っけて食べると更に美味しい。


DSC_0132.jpg
毎年漬けているラッキョウですが、今年はたまり醤油漬けも作りました。
甘酢漬け3.5㎏、たまり醤油漬け2.5㎏ですが、すでに味見と称して
だいぶ減ってしまいました(*^^*)
店頭にはまだ生ラッキョウが並んでいるので追加しようかと…


食のあとで…エヘッ…話が変わりますが。
先日、夜の廊下でヤモリを見つけたの!
それがまたかわいくってね~。
子どものころ見ていたイモリは黒い背に真っ赤な腹で水の中。
大っ嫌いだったんだけどね。赤い部分に毒も持ってるしね。

ヤモリは家守と書き、守り神として大切にされるらしいのですが、
それが更に幸運の白色ヤモリだったのよ。
ヤモリは足に吸盤があるので、窓ガラスに張り付いて虫を食べたり、
クモとか、縁の下では白アリとか…ゴキブリも食べるとか?

目がパッチリ・・・写真撮ろうと思ったら逃げられちゃったので
画像はネットから拝借したものです。
夜ベットで天井見上げながら「ヤモちゃんどこにいるんだろう」なんて想う。
私のこと変態だなんて言わないでね。 変人だけどさ。
画像ヤモリ


このページのトップへ

77. 「待合室」

  「待合室」

 長い時間が過ぎていた
 診察室のドアがあいて
 看護士が声をあげた
 「○○○○さーん」
 待合室の長椅子の人たちが
 一瞬顔をあげるが
 すぐに落胆したように
 小さなため息をついて
 床に視線をおとした
 朝から幾度となく
 繰りかえす儀式のように

 診察室のドアがあいて
 看護士が声をあげた
 「○○○○さーん」
 ある有名な女優と同じ名を呼んだ
 みんなが一斉に顔を上げて
 名前の主を探そうとしたとき
 一人の老婆がひどくゆっくりと
 杖を頼りに立ち上がり
 おぼつかない足取りで
 診察室へと向かっていった
   …だよね
 だれもが隣人と顔を見合わせた
 まるで十年来の知己かのように
 はにかんだ笑みを浮かべて



 
病院に足を運ぶことが多くなりました。
私自身のことではないのですけどね。
いえ…実は私も爆弾を一つ抱えているっちゃ(^_-)-☆

たまに詩のような情景があります。
えっ…と思うような名前が呼ばれたりすると
ついご本人を確認して心の中でクスっとしてね。
まあそれくらいの楽しみがないと、待合室で
何時間も座っているのはたいへんです。

このページのトップへ

76. 「殺人」

「殺人」

私は人を殺してしまった
確かな手ごたえはなかったけれど
誰かを殺してしまったらしい
一人 二人 いや何人かが
追いかけてくるのが分かる

私は必死で逃げる
どこか中近東を思わせる
崩れかけた古い街並みを
声にならない声をあげて
スローモーションで逃げている

ピストルの弾が左肩をかすめて
白い建物の壁に穴をあけた
ピシュとも音はしなかったが
壁がホコリを上げて崩れたので
それが分かった

行く手に小さな戸口があった
とっさに体を丸めて潜り込むと
そこは生まれ故郷の古い台所で
母がカマドに這いつくばり
火加減を覗いていた
ただいまとも言わず
おかえりとも言わないで
何ごともなかったように
私は食卓についた

ところで私はだれだっけ?

そう思ったとたん目が覚めた
たっぷりと汗をかいていて
左腕は五十肩の鈍い痛みだ
私は夢の中でいったい誰を
殺してきたのだろう
どれほどの憎しみを
夢の中まで引きずっていったのか
それとも私を恨んでいる人への
自己防衛の殺人だったのか

思い当たる人が一人や二人
いないでもないが…


※夢ってどうして恐いとか苦しいとか嫌なものが多いのでしょうね。不思議。
 

  

このページのトップへ

75. その後のワサビ

昨年10月10日の記 「48.ワサビ田で~す」のその後は…失敗でした。
プランターに水と砂利を敷いてうえたワサビは、しばらく順調に伸びていた
のですが、そのうち元気がなくなり、根の部分から腐って枯れてしまいました。
水道の水をチョロチョロ流した程度ではだめなんですね。
本物のワサビ田のように冷たくキレイな水がザーザー流れていないとね。

でも土のプランターに植えたワサビの苗はスクスクと成長しました。
ところが肝心の根の部分が小さくて刺身で食べるにはちょっとね~です。




ワサビの収穫は思うようにいきませんでしたが、7月に報告したメダカは健在です。
あれからだいぶ数が増えたのであちこちに分けてあげて少なくなりましたが…
また産卵の楽しい季節がやってきました。

毎日ホテイ草の根っこに産み付けられたタマゴをちょこちょこ取って別の容器に
移します。 10日ほど(?)で稚魚がうまれ、後からあとから増えていきます。
私のお気に入りは、真っ赤な楊貴妃メダカと白銀のミユキメダカです。
ほかには肌色、黒色、赤黒まだら色のようにミックスした色もあります。
気持ちよさそうに泳いでいるメダカを見ていると、自分も一緒に泳いでいるようで
とても癒されるんですよ。 たぶん一日中のぞき込んでいても飽きないな(*^^)v

楊貴妃
DSC_0173.jpg

ミユキ
DSC_0176.jpg

「青ラメ入り?」
DSC_0108_20180603151436831.jpg

タマゴと稚魚たちの巣箱
DSC_0172.jpg
左はタマゴと稚魚。右には1センチ位に育ったものを移します。
姿は映っていませんが、数えきれないほど泳いでいます(^^♪

ミックス系。
他にもたくさんいますが、ミックス系は色がぼやけたのが多いです。
でもそうやって新種も産まれてくるんですけどね。一匹10万円…とか。
DSC_0171.jpg

このページのトップへ

74. 「鹿威し」

 「鹿威し (シシおどし)」

 幼い頃のふるさとに
 どかどか雪がつもりました
 雪は 色を消しました
 雪は 匂いを消しました 
 雪は 音を消しました
 孟宗竹で作られた鹿威しが
 時おりコーンと響くのも
 雪の日はおやすみです

 コーン … コーン
 コーン … コーン

 寒い夜です
 わたしは布団にもぐります
 それからゆっくり数えます
 切り落とされた竹筒に
 水がたっぷり注がれて
 それからゆっくり傾いて
 コーン … と
 聞こえる筈のない雪の夜
 それでもイチからもう一度
 ゆっくりゆっくり数えます

 山のくぼみでイノシシも
 やっぱり数えているだろうか
 コーン コーンが聞こえない
 不思議な夜を 添い寝して
 夢にドングリ・栗の実が
 ひとコロ ふたコロ さんコロリン
 そろそろコーンと鳴るような
 そんな気がして 目を上げて
 耳を澄ましているような…

シシオドシ…ご存知ですか?
日本庭園に造られるものは上品なものですが
山でイノシシやシカを追い払うシシオドシは
太い孟宗竹で作られていて、コーンという音も
山々に響くような大きな響きがあります。
でも雪が深く積もった夜などは聞こえてこないのです。


冬は山の水も枯れてしまうのでしょう。
冬は被害にあうような作物も少なく、動物たちも冬眠しているのかもしれませんね。

このページのトップへ