FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

92.ドイツ初演

ドイツにお住いの久田大地様から嬉しいメールが届きました。久田さんは、24で紹介した,「髪を短く切ったとき」の詩に作曲してくださった方ですが、ご自身の演奏会においてアンコールとしてこの作品を演奏してくださったそうです。
なんと光栄なことでしょう。ドイツ語訳つきです。
ドイツの方々、に髪を短く切ったときのなんとも言えない物悲しさが伝わりましたでしょうか(^^♪
久田さんの更なるご活躍をお祈りします。

「髪を短く切ったとき」   「Als ich meine Haare schneiden ließ」

髪を短く切ったのは       Kein bestimmter Grund,
深い理由などありません   Wieso ich meine Haare schneiden ließ,
束ねた髪の結び目が     Doch mir, wo die Haare gebunden sind,
少しゆがんで痛むから    Ein bißchen wehtat.
花のつぼみが開くとき     Wie die Blüten erblühen,
ポンと吐息をつくように   Wie sie beginnen zu atmen,
わたしの心も春風に     So wehe mein Herz durch den Frühlingswind,
弾けてみたくなったから   So berste es vor lauter Freude.
髪を短く切ったとき      Als ich meine Haare schneiden ließ,
失くし物した子供のように   Hörte ich irgendwo eine Stimme,
どこかで泣いている声がした Als wäre ein Kind verloren,
わたしの胸の中でした     Doch, es weinte tief in meinem Herzen.


スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する