FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

89. シシオドシ

「シシオドシ」

お山に雪がふりました
雪は 色を消しました
雪は 匂いを消しました
雪は 音を消しました
谷間で凍ったシシオドシが
コーンと鳴らない夜でした

わたしは布団にもぐります
だまってゆっくり数えます
水がチョロチョロ注がれて
それからゆっくりかたむいて
コーンと鳴るのを待ちました
それでも鳴らない夜でした

山のくぼみでイノシシも
やっぱり数えているだろうか
夢でドングリ クリの実が
ヒトコロ フタコロ サンコロリ
そろそろコーンと鳴るような
そんな気がして目を上げて
耳を澄ましているような

DSC_0414.jpg
今年の年賀状です。

※ 74. 「鹿威し」を年賀状用に短く書き直した詩です(一部訂正アリ)。
 鹿威しと書いてシシオドシ…元々はイノシシよりも鹿を追い払うものだったのかしら? 最近は日本各地でイノシシの被害に悩まされていますが、イノシシだって生き物だもんね。 産まれたからには生きねばならないから村に町に食べ物を求めてやってくる。 昔のように山に実のなる植林がされていたなら、山の生き物として幸せに暮らしていけるのにね。なんだか最近のイノシシさんはかわいそう。

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する