FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

71. コショウ画 その3

00160002_20180418105058ac5.jpg
般若。 31㎝×26㎝です。
カメラが接近して…コショウの粒粒感がわかりますでしょ?

わたしの似顔絵? なんて言わないでね (≧◇≦)
う~ん…似てるかも。

00140009.jpg
この般若のお守りは、昔々(中学生の頃?)父から貰ったものです。
眞弓山観世寺 魔除安達ケ原 と書いてあります。
これを貰った時・・・えっ、なんだか恐いと思いました。
でも父は「般若とは、知恵という意味だよ」と教えてくれました。
そう、魔訶般若波羅蜜多・・・のね。

「人間というのは畜生と違って知恵がある故に様々な感情を持っている。
その感情を包み隠さず全部表現した正直な人間の顔が般若なんだよ」と。
怒り、悲しみ、喜び、感謝、嫉妬、羨望、不安、後悔、恐怖、軽蔑、勇気、
期待、幸せ、苦しみ、恨み、嫌悪…煩悩のように多くの感情が湧きます。


そんな風に思って見ると、鋭いまなざしも優しく見え、
不愉快そうに寄せた眉は悲しい表情にも見えます。
大きく裂けた口はワッハッハと大笑いしているようです。
喜怒哀楽の感情をまるで駄々っ子のように開けっぴろげて、
怒りの角までも、頭につけたチャンバラの刀のように見えます。
それ以来般若の顔が愛おしく大好きになりました。

気が付くといつの間にか左目が無くなっていました。
もしかしたら私の災難時に、身代わりとして左目を落とされたのでしょうか。


それにしても…
福島県にある眞弓山観世寺に由来する安達ケ原の鬼婆伝説。
う~ん、なんなんだろうね……魔訶不思議。

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する