ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

詩「つぶやき」

220px-Statue_of_Saigo_Takamori,_Ueno_Park,_Tokyo

おいは西郷吉之助でごわんど
隆盛? そげん呼び名もあいもした
じゃっどん、こん浴衣姿では、そうよな名は似合わんとでしょう
親からもろた吉之助ちゅう名が一番ぴったいとくうでしょうが
そいにしても
高村光雲さぁが、んごてこんよな浴衣姿にされたのか
理由はわかいませんが、蒸しぬくい江戸の夏は
こん恰好が一番すごしやすかと考えもす

いんや、愛犬ツンどんは、後藤貞行さぁが作っちゅうです。
なあ、ツンどん
ずいぶん長かちゅうこつ そげん睨みばきかして
江戸城のエネルギーを左右すう魔界の番犬のごて
大江戸の鬼門にあたう上野のツンと
裏鬼門にあたう渋谷のハチ公さぁとが
立派に、そん役目ば果たしてきたて、まっこと感心しもんで
お陰さぁで江戸は 今日も平穏じゃが
そいどん、着の身着のままのおいごと違ごて
江戸の衆の姿かたち、人情が変わりもしたじゃなかか
ほうじゃ! あれはまこと良かもんなあ

ほれ、あん若造が耳にあてがっとうもん
”空中飛来語り道具”ちゅう便利なもんほいならんか
どこぞの誰としゃべっちゅうのか可笑しげに
あげん良かもんを持ちよったら、戊辰戦争も
あげな苦々しいこつぱならんかったげになあ
城山のこつだって…

うっ、寒かぁ…
春はまだ来んですか?
春は桜が咲くものじゃっで うれしかな~思っちゅうです
ぎょうさんの人だかいで うれしかなあ~思っちゅうでう
そんで…おいも焼酎が飲みたいと ねんじゅ思っておいもす
はぁ~
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ほんのこて

ほんのこて、よかふに詩を書っきゃっとなー しかもかごんま弁で。
19まで地元におっても、母やら父やら親戚やら、クラスメートの言葉がまぜくいたくって、方言っちゅうのはほんのこて奥が深ごぁんさぁ。男、女、武士や町人、となりまちでもちっとづっ、ちごもんでなぁ。

がっつ懐かしく読ましてもろもして、さひかぶい、かごんま弁でメールをしてみました。あいがともしゃげもした。

池浜 | URL | 2017-08-03(Thu)22:44 [編集]

うひゃー。こりゃホンマモンのかごんま弁じゃなかと?
ほんまこつ嬉しかなあ~。

意図して造られた言葉じゃけん難しかとです。
薩摩人同士の会話ば聞いとるとなんでんかんでん
さっぱりと分からんけにね。
(さひがぶい…久しぶりにっちゅうこと?かな)

あいがともしゃげもした。V(__)m
薩摩おごじょ…応援しちょるけんね。

オリーブ | URL | 2017-08-04(Fri)16:27 [編集]