FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

27. short story「風呂のドアにご用心」

「風呂のドアにご用心」

 いつの頃だったか夫と泊まった温泉宿で早めの夕食をすませると、わたしはひとりで風呂に向った。 女湯の引き戸をあけ一歩足を踏み入れると四畳半ほどのタイル風呂が目に入った。誰もいない。
 古い宿とは云え、大岩風呂をうたったその旅館に多少の期待を抱いていたのだが、ちんまりとした湯船を見て、風呂好きの私は落胆した。女性の旅行客が少なかった昔ならいざ知らず、いま時こんなせまい女湯もないもんだと思った。
 しばらく腑に落ちない気分で湯に浸かっていたが、ふと見ると壁際に目立たないドアがあるのに気が付いた。どこに通じるドアなのだろうと興味がわいてそっと開けてみた。
 そこは…うす暗く底しれないほどの湯気が立ち込めた男湯の大浴場だった。なみなみと湯をたたえた中央には、山のような岩がドーンと置いてある文字通りの大岩風呂だ。
 客たちはまだ宴会の真っ最中なのだろう。ひっそりと静まり返っている。だれもいない! 

「温泉はこうでなくちゃね」
 ひとりつぶやきながら、タオル一本を手にしてソロリソロリと広い男湯に侵入した。
いざとなったら女湯へ逃げ込めるようにドアは開けたままで、ゴツゴツした岩肌の浴槽の隅っこに身を沈めた。ドアからは2メートルほどしか離れていない。それにしても男湯と女湯の大きさの違いはひどい…差別だ差別だ…そんなことを考え考え、少し緊張しながらもとっぷりと湯に浸かっていた。
 やがて宴会もお開きになったのか、脱衣所から男たちのざわめく声がきこえたので、あわてて浴槽を出て女湯に戻りドアをバタンと閉めた。男湯と女湯をこんな簡単に行き来ができていいものだろうかと不思議に思いながら…

 風呂を出て部屋に戻る途中の廊下で仲居さんにそのことを尋ねてみた。 すると「あれは風呂掃除の人が使用するドアなんですよ」という。 しかし驚いたのはその後の言葉だった。

「あのドアは、女湯側からは開くけれど、男湯側からは開かないようになっています」

ということは・・・私がドアを閉めて男湯に入っていたとしたら…Wow ‼ Venus ♥ 
とたんに汗が噴き出してきた。


※みなさんも気をつけましょうね(^◇^)
  でも…男湯におばさん軍団が入っていたとしたら、
  きっと男性たちは入ってこれませんよね。

  ざま~ご覧あそばせ(^^♪

 
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する