fc2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🐱🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します        コメントもお寄せ下さいね。      

114.ドライフラワー

「ドライフラワー」

まだらに染まった髪を束ねて
ちょいと小首をかしげてみたり
咳払いして気取ってみたり 
こんな筈じゃなかったと
両手で頬を引き伸ばしながら
鏡の中で微笑んでいるのは誰?

私だって若かったのよなんて
当たり前でしょ 笑っちゃうでしょ
コーヒーカップ手の平で挟んで
ガラス窓の向こうの花の乙女に
あなただってそのうちになんて
一人つぶやいているのは誰?

そうよ私はドライフラワー
セピア色したドライフラワー
まだら色した長い髪なんて
なんの武器にもなりゃしないけど
このままいくわ 素顔のままで
それでも結構いけるかも
骨董品なんて言わせない 


ドライフラワーもセピア色といえば聞こえがいいけど…枯草にしか見えないってこともあるからねえ。 でも枯草には太陽をいっぱい浴びた良い香りが…加齢臭ってこともあるしね…どっちもヤダ!
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する