ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

77. 「待合室」

  「待合室」

 長い時間が過ぎていた
 診察室のドアがあいて
 看護士が声をあげた
 「○○○○さーん」
 待合室の長椅子の人たちが
 一瞬顔をあげるが
 すぐに落胆したように
 小さなため息をついて
 床に視線をおとした
 朝から幾度となく
 繰りかえす儀式のように

 診察室のドアがあいて
 看護士が声をあげた
 「○○○○さーん」
 ある有名な女優と同じ名を呼んだ
 みんなが一斉に顔を上げて
 名前の主を探そうとしたとき
 一人の老婆がひどくゆっくりと
 杖を頼りに立ち上がり
 おぼつかない足取りで
 診察室へと向かっていった
   …だよね
 だれもが隣人と顔を見合わせた
 まるで十年来の知己かのように
 はにかんだ笑みを浮かべて



 
病院に足を運ぶことが多くなりました。
私自身のことではないのですけどね。
いえ…実は私も爆弾を一つ抱えているっちゃ(^_-)-☆

たまに詩のような情景があります。
えっ…と思うような名前が呼ばれたりすると
ついご本人を確認して心の中でクスっとしてね。
まあそれくらいの楽しみがないと、待合室で
何時間も座っているのはたいへんです。

スポンサーサイト

このページのトップへ

76. 「殺人」

「殺人」

私は人を殺してしまった
確かな手ごたえはなかったけれど
誰かを殺してしまったらしい
一人 二人 いや何人かが
追いかけてくるのが分かる

私は必死で逃げる
どこか中近東を思わせる
崩れかけた古い街並みを
声にならない声をあげて
スローモーションで逃げている

ピストルの弾が左肩をかすめて
白い建物の壁に穴をあけた
ピシュとも音はしなかったが
壁がホコリを上げて崩れたので
それが分かった

行く手に小さな戸口があった
とっさに体を丸めて潜り込むと
そこは生まれ故郷の古い台所で
母がカマドに這いつくばり
火加減を覗いていた
ただいまとも言わず
おかえりとも言わないで
何ごともなかったように
私は食卓についた

ところで私はだれだっけ?

そう思ったとたん目が覚めた
たっぷりと汗をかいていて
左腕は五十肩の鈍い痛みだ
私は夢の中でいったい誰を
殺してきたのだろう
どれほどの憎しみを
夢の中まで引きずっていったのか
それとも私を恨んでいる人への
自己防衛の殺人だったのか

思い当たる人が一人や二人
いないでもないが…


※夢ってどうして恐いとか苦しいとか嫌なものが多いのでしょうね。不思議。
 

  

このページのトップへ

75. その後のワサビ

昨年10月10日の記 「48.ワサビ田で~す」のその後は…失敗でした。
プランターに水と砂利を敷いてうえたワサビは、しばらく順調に伸びていた
のですが、そのうち元気がなくなり、根の部分から腐って枯れてしまいました。
水道の水をチョロチョロ流した程度ではだめなんですね。
本物のワサビ田のように冷たくキレイな水がザーザー流れていないとね。

でも土のプランターに植えたワサビの苗はスクスクと成長しました。
ところが肝心の根の部分が小さくて刺身で食べるにはちょっとね~です。




ワサビの収穫は思うようにいきませんでしたが、7月に報告したメダカは健在です。
あれからだいぶ数が増えたのであちこちに分けてあげて少なくなりましたが…
また産卵の楽しい季節がやってきました。

毎日ホテイ草の根っこに産み付けられたタマゴをちょこちょこ取って別の容器に
移します。 10日ほど(?)で稚魚がうまれ、後からあとから増えていきます。
私のお気に入りは、真っ赤な楊貴妃メダカと白銀のミユキメダカです。
ほかには肌色、黒色、赤黒まだら色のようにミックスした色もあります。
気持ちよさそうに泳いでいるメダカを見ていると、自分も一緒に泳いでいるようで
とても癒されるんですよ。 たぶん一日中のぞき込んでいても飽きないな(*^^)v

「楊貴妃」
DSC_0107_20180603111553ba8.jpg

「ミユキ」
DSC_0106.jpg

「青ラメ入り?」
DSC_0108_20180603151436831.jpg

タマゴと稚魚たちの巣箱
DSC_0114.jpg

このページのトップへ