ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

古代ハス


     「千年の 眠り覚まして 通勤電車」

古代ハス

先日テレビで白岡のハス池を紹介していたので、翌朝行ってみました。
我が家からは車で5~6分、新白岡駅(西口)の近くにあり、宇都宮線の車窓からも見えます。
でも…今年は花の数が少ないというご近所の方の話のとおり寂しい風景でした。
古代ハスは行田市をはじめ各地に花を咲かせていますが、ここの花も1200年前
の種から開花したものです。

ハスのつぼみ

ハスの花はハチスという素敵な呼び名もありますが、
花が枯れて残った種の部分は本当に蜂の巣(ハチス)のようですよね。

古代ハス

スポンサーサイト

このページのトップへ

武井ホール


女声合唱の集「あこや」の練習場としてたびたびお借りしている武井ホールです。
生花店「花久喜」さんに付属してる白いハウスを武井ホールと呼んでいます。
ほうきを持って朝のお掃除に励んでおられる朗らかなご主人をパチリ!
右側のこんもりとした緑はご自宅の木々です。

テントの下にはテーブルとイスが置いてあるので、お客様がのんびりと緑の風を
感じながら、私たちの歌を聴いていてくれたりします。
木曜日の午前中(毎週ではありません)
         歌声が聞こえたらラッキーですよ(^o^)(^o^)丿♪♪

久喜幸手道の陸橋脇(北側)にあるお店です。新鮮な生花をどうぞ~(^^♪
武井ホール……花久喜ホールという名称もいいかな?…どうでしょう?(^_-)-☆
IMG_2244.jpg
酒井先生もパチリ!
いま真っ赤な大輪の花を咲かせているハイビスカスの鑑賞中で~す(^^♪
IMG_2250.jpg

このページのトップへ

道の駅も愉しいよ

大利根道の駅 ホテイアオイ
加須市の大利根道の駅に行きました。
ホテイアオイの群生も見事で、写真コンクールも行われます。
「童謡のふる里おおとね」をうたう大利根町は、童謡「たなばたさま」「野菊」
「かくれんぼ」などの童謡を数多く残した下總皖一の生まれ育ったところです。
道の駅にも大きな銅像が立っていて、近くには下總皖一の資料展示室「おお
とね童謡のふる里館」があります。

 「あこや」の第11回演奏会(2011年)では、混声で下總皖一作品集より、夢、
小麦畑で、日ぐれの花、雉子が啼く、春の雪、時の流れに、をうたいました。 
あこやHPにある演奏会記録のyou tubeで視聴もできます。
 60911.jpg



道の駅では、ドジョウ、メダカ、ナマズ、ホンモロコなどの活小魚も
ビニール袋入りで売られていて、ここの時期は金魚の赤ちゃんもいます。
多分近くの水産試験場から持ってきているのかな~と。
金魚10匹入り(540円)を買いました。いい種類…と思ったら朱文金でした。
お店で買えば一匹300円もする赤、黒、白の混色、私の好きなコメット系です。


IMG_2238.jpg
この水槽で飼うことにしました。今度は野良猫に食べられないように用心用心…

※下總皖一像の画像はネットから拝借しました。

このページのトップへ

詩「つぶやき」

220px-Statue_of_Saigo_Takamori,_Ueno_Park,_Tokyo
 
 「つぶやき」

おいは西郷吉之助でごわんど
隆盛? そげん呼び名もあいもした
じゃっどん、こん浴衣姿では、そうよな名は似合わんとでしょう
親からもろた吉之助ちゅう名が一番ぴったいとくうでしょうが
そいにしても
高村光雲さぁが、んごてこんよな浴衣姿にされたのか
理由はわかいませんが、蒸しぬくい江戸の夏は
こん恰好が一番すごしやすかと考えもす

いんや、愛犬ツンどんは、後藤貞行さぁが作っちゅうです。
なあ、ツンどん
ずいぶん長かちゅうこつ そげん睨みばきかして
江戸城のエネルギーを左右すう魔界の番犬のごて
大江戸の鬼門にあたう上野のツンと
裏鬼門にあたう渋谷のハチ公さぁとが
立派に、そん役目ば果たしてきたて、まっこと感心しもんで
お陰さぁで江戸は 今日も平穏じゃが
そいどん、着の身着のままのおいごと違ごて
江戸の衆の姿かたち、人情が変わりもしたじゃなかか
ほうじゃ! あれはまこと良かもんなあ

ほれ、あん若造が耳にあてがっとうもん
”空中飛来語り道具”ちゅう便利なもんほいならんか
どこぞの誰としゃべっちゅうのか可笑しげに
あげん良かもんを持ちよったら、戊辰戦争も
あげな苦々しいこつぱならんかったげになあ
城山のこつだって…

うっ、寒かぁ…
春はまだ来んですか?
春は桜が咲くものじゃっで うれしかな~思っちゅうです
ぎょうさんの人だかいで うれしかなあ~思っちゅうでう
そんで…おいも焼酎が飲みたいと ねんじゅ思っておいもす
はぁ~


※ 西郷隆盛像の画像はネットから拝借しました。

このページのトップへ

詩「アゲハの約束」

IMG_1883.jpg
    
      「アゲハの約束」

   すきキライなんて いわないよ
   ボクは幼虫だもん
   ママは アゲハチョウ
   だからボクは アゲハのこどもです
   ママは この葉っぱに 卵をうみました
   やわらかな カラーの葉っぱです
  
   ボクは わき目もふらずに
   ムシャムシャたべます
   まいにち グングン大きくなります
    
   りっぱなアゲハチョウになるって
   ママが信じているから
   いっしょうけんめいに たべます
   ムシャムシャムシャの 毎日です
   ママ ボクがんばるよ

IMG_1907.jpg

 ※イモムシ系はキライじゃありません。
ビロードのような皮膚の手触りもなかなかの好触感。
でも野菜に付くイモムシたちは憎らしいです。
今年も生えそろった小松菜の葉が…まるで
レースのカーテンのように網目状になっちゃいました(-_-メ)

このページのトップへ

メダカの学校 その2

メダカの住まいはこんなところにもあります。

 ★縁側(リリーが時々お昼寝するところ)                                                      IMG_2178.jpg 
         ★こんな風に…
             IMG_2204.jpg
   ★こんニャ風にも…
   おひるね

       ★2階のベランダ(ウサギは本物ではありません(*^^*)
          20170527152152.jpg

            ★玄関先 (たまに野良猫の水飲み場。 
                 白い花はコンロンカ = ハンカチの花です)
                  20170709180052.jpg

★元は金魚鉢で、赤や黄色のコメットたち5匹が優雅に泳いでいたのに
 すべて野良猫に食べられてしまい"(-""-)"。一応メダカを入れたけど
 メダカには深すぎるので、また金魚を飼おうかと…)
        =

※ でも…見た目ほどメダカの数が多いわけではありません。
   だってメダカを飼い始めたのは昨年の夏からですもの(^^♪。   
   まだまだ新人で~す。


このページのトップへ

キューリのキューちゃん

毎日猛暑ですね~(≧◇≦)
でも、小さな畑ではナスやキューリ、トマトなどの夏野菜たちが
スクスクと育っていて、うっかりすると大きな葉っぱに隠れて
お化けキューリがぶら下がったりしています。

昨日もたくさんのキューリが…冷蔵庫にも入っているし・・・と
キューリのキューちゃんを作りました。
市販のものより新鮮で、甘さも辛さもお好み次第。
カリポリッと絶対に美味しいです。(^o^)丿

作り方
 キューリ (1㎏)  塩 (小さじ2杯)   ショウガ (30g)   
 醤油 (200~300cc)  砂糖 (150~200g)  酢 (50cc)
① キューリは7~8ミリの輪切りにして、塩をふって30分おく。
② 鍋に醤油、砂糖、酢を入れ沸騰させる。
③ 30分おいたキューリの水分を切り、千切りしたショウガと鍋に入れ
   再沸騰したら、火を止めて30分程おいてさます。
④ キューリ、ショウガを取り出して、鍋の汁を少し煮詰めるように沸騰させ
  キュウリとショウガを戻して、火を止めて冷ます。
  容器に入れて、冷蔵庫で冷たくすると美味しいです。 
  お試しあれ (*^^*)
きゅーりのキューちゃん

このページのトップへ

メダカの学校

最近はまっているものといえば・・・メダカです。
繁殖に精を出しているのが、真っ赤な楊貴妃と、白銀色のミユキです。

いくつもの発泡箱が置いてあるのは、親メダカ、生まれたての針子、
少し大きくなったもの、ヒメダカ、黒メダカ、混色など分けてあるからです。

ところが先日…ミユキの針子の数が減ったような?…と覗いていたら、
水底にトンボの幼虫・ヤゴを発見! 

※全然そんなつもりじゃないんですゥ~♪ って顔をしているけど
※ち~が~う~だろ~? 喰っただろ~?  この ヤゴォ~~! (# ゚Д゚)/

即つまみ出し、これはこれで成長の過程を観察…とも思ったのですが、
ヘッヘッヘ~世間はそんなに甘くないよと判決を下して、日干しの刑に処しました。
   (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

メダカの学校

 ヤゴ み~つけた! 
ネットで調べたら…メダカにとってヤゴは一番の天敵だそうです(-_-メ)
ヤゴ

※の部分は、最近テレビや世間を賑わせた某女史の口調を真似たものです(≧◇≦)。
 

このページのトップへ

口笛ピュ~♪

最近口笛にはまっています。

介護施設のボランティアでも歌った「上を向いて歩こう」のなかで
口笛で奏でる部分がありました。 久しぶりの口笛でしたが
結構気に入って、それからというもの車の運転中に吹いています。
他愛のないメロディーばかりですが、歌の発声時の呼吸法や肺の
活性化にも効果がありそうです。
でも車のそばを人が通ったりしたら・・・やめます(#^^#)

以前、テレビ番組で口笛コンクール世界大会の様子を観ましたが
老若男女すばらしい口笛演奏だったことに感動しました。
たかが口笛…品がない…なんていわせない芸術演奏でしたよ。

このページのトップへ

詩「休日の魚たち」

IMG_0834.jpg
 
 「休日の魚たち」

 オハヨウ
  オハヨウ
 アサゴハン タベタ?
  キョウハ タベナイ
 キュウジツハ キケンダシネ
  ソウダネ ガマンシヨウ

 キョウハ フタリキテイルネ
  イマニ タクサン アツマルヨ
 キュウジツ ダカラネ
  デモ ハラヘッタネ
 ハラ ペッチャンコ

 ナニカ オッコチテ キタヨ
  アブナイ アブナイ
 ウマソウナ ニオイガスルヨ
  タベチャ ダメ!
 アウッ・・・





※ 写真は久喜菖蒲公園、東京ドーム6.8倍の公園です。
野鳥観察、自転車ロード、ボート乗り、釣りなど憩いの場所
です。昭和45年ころ、工業団地開発に伴ない、沼・湿地など
をまとめて池が作られました。
池の底ではお魚たちがこんな会話をしていたりして…

  

このページのトップへ