FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

102.. コロナ禍

困ったコロナです。
これまでもエイズだのエボラだの世界中が恐れた病原菌の蔓延がありました。
しかしそれもどこか他人事に感じていて、それだけ島国日本では災禍がなかったということです。
ところが今回のコロナはクルーズ船に端を発してからというものアッという間に世界中を覆うかのように広がってしまいました。
こんなことになるならもっと初動体制を…と今更言っても間に合いませんが死亡者多数で世界人口も減っていくのでしょうね。
自分がその数の中に入るとは思いたくありませんが、それとて保証の限りではありません。
身近にまだ感染者はいませんが、この狭い町でも確実に感染者が増えていて気が休まりません。
先の見えない不安はストレスも溜まります。コーラスで気分転換と言っていたのに、コーラスで不安が積もります。

川柳 「コロナ禍がコロナ過となる日を待ちつ」
一日も早く終息しますように…

俳句  「太陽のコロナの陰り春遠し」
太陽の表面温度は5500度。その周りのコロナ大気は100万度。
でも憂鬱さも重なって陽射しまで冴えない一日でした。春よ来い!
     
短歌 「我のみはコロナもよけて通るとぞ意味なく思ふ老いの危ふさ」
自分だけは大丈夫…そう思いたいのはみんな同じ。
感染のリスクもみんな同じよ。 高齢者なら尚更のことです。

スポンサーサイト



このページのトップへ

101.ウシはエエなあ

2021年を迎えましたが、昨年からのコロナ終息の兆しが見えない日々は、長く暗~いトンネルの中に入っているようで憂鬱ですね。一日も早い効果的なワクチンの開発が待たれます。
年賀状…不思議な習慣だなあと思ったりするのよね。だって小学校からのお友達なんて卒業以来まったく逢うこともなく、あの頃の面影しか覚えていなくても、年賀状で「お元気?」という一言で時間を飛び越して目の前にいるみたいな気がするのですから。
小1担任だった先生は今でも私のことを○○ちゃんと書いてきます。私74歳なのに、何十年も逢っていないのにね。嬉しい年賀状です。
コロナのせいで今年は書くのも憂鬱でしたが40枚以上書きました。いつも詩を書くのですが、今年は憂鬱気分も混じって少し乱暴な詩になりました。
でも節操も品もないその文をみなさん面白がってくれたので…まあいっか…と。そして合唱の先生は曲をつけて下さるとか…えっ、こんなへんてこな詩にですか?有難いことですね。

DSC_2054 (1)
ウシはエエなあ
オッパイでるし
牛乳買わんでもエエし
野の草は食い放題で
モ~と一声鳴けば
山のむこうまで届くような
エエ声しとるしなあ
その発声法教えて欲しなあ
      ・
ビロード張りのような背中には
ヤマガラやシジュウカラが
遠慮のう年がら年じゅう
羽根を休めに来てな
こっれまたエエ声聴かせてくれて
すぐに眠ぶとうなんねん
せやけどたまになァ
自慢の毛ェばむしりよんねん
いくらお人よしのウチでも
そりゃかなわんわァ
モ~たまらん
モ~知らん
モ~モ~正月早々の愚痴はヤメや
チチの出ェ悪るなるしな
      ・
モ~何歳まで歌うておられるやろ
せやかてこう見えてもな
八月には七十五歳になんねんで・・・
チチなんぞ出るわけないやろが


このページのトップへ

100. 夏到来

連日の厳しい暑さで、かわいいメダカたちが群れる水槽の水がお湯になってしまいます。これは小さな命の危機です! さっそく百均でスダレを買ってきて日陰を作ってあげました。
すると涼し気な水面に集まるメダカたちが嬉しそう…('◇')ゞ
       🐡🐡🐡🐡私もうれしいよ~

雨も降ったし陽射しも強くなって畑と駐車場の草がそれはそれは元気に育っています。朝の涼しいうちに草取りを…と一気に手をかけた草の根元から無数の蟋蟀(コオロギ)の赤ちゃんが飛び跳ねて顔にバシバシと当たりました。
ゴキブリの赤ちゃんとも見えましたが(*'▽') 可愛らしい命の跳躍でした。

   「蟋蟀の児らが頬打つ草むしり」

夕方ご近所さんからパックに敷き詰めた手作りの絶品ティラミスを頂きました。
「ダイエットだからね」と互いに言い合いながら3人で完食しちゃいました(≧◇≦)。
こんなしあわせ~ごちそう様でした。

このページのトップへ

99.恵方巻

節分も過ぎて、時おり暖かな日差しも注ぐようになりましたね。
私もいつまでも冬眠してはいられません。
と言いたいけど色々な事情が押し寄せてちょっとバテ気味です。

節分の恵方巻…私も作りましたよ。これは孫たちにも人気の海鮮巻きです。
左の巨大なのは残り物を集めて巻いたら…とても口に入りませんでした('◇')ゞ


恵方巻

このページのトップへ

98. Z Z Z・・・

オリーブという名の年老いた熊猫は只今冬眠中です。でもたまに寂しくなって、リンクしている 女声合唱の集「あこや」掲示板 に時折出没してはウォ~ンと声をあげたりしています。 合唱団員募集中です!

このページのトップへ

97.かくれんぼ

お気に入りの私のソファーでかくれんぼ。 リリーはど~こだ。 他にもお気に入りの場所があります。
ベット横の手製の箱(主に就寝用)、その下の段ボール(暑いとき)、居間のソファ、出窓、廊下の健康器具、押し入れ(^^♪、など。
DSC_0970 (1)

ときには番犬ならぬ、番猫になってニラミを効かせています。
勝手気ままな性格ですが、♪チュ~ル チュ~ル チュルチュ~ル♪を歌うと跳んできます。
DSC_1020 (1)

このページのトップへ

96.体験教室

DSC_1073_2019092920260858a.jpg
    (ちょっと写真の色味が悪いですぅ…)

今日は娘が子供3人とその友達2人を連れて稲刈りに隣町へ来るというので、立ち寄ったときのおやつに海苔巻きとプリンを作りました。味付けタマゴも11個。孫からのリクエストでもありました。稲刈りというのは農業体験教室です。春の田植え、夏の草取り、秋の稲刈りに参加します。

海苔巻きは、いつだったか行列のできる田舎のおばちゃん達が作る海苔巻きとしてテレビ放送されていたものを真似てたまに作ります。ご飯は少なめにして、かんぴょう、シイタケ、高野豆腐をそれぞれ煮たもの、甘い甘い玉子焼き、鯛デンブ、そしてキュウリ丸ごと一本を巻きます。キュウリ部分を最後に食べるとさっぱり感がいいです。直径6センチ。それを9本巻きました。

プリンは、一つずつカップに入れるのは面倒なので、大きなリング形プリンです。これをドンとひっくり返すときに失敗すると見るも無残なグチャグチャプリンになってしまいます。これも大人にも子供にも好評の一品です。

稲作り体験といえば、学校でも稲の生育観察とかでバケツで稲を育てたりしますよね。バケツの中の田んぼ(≧◇≦)。それも最近では、一人一バケツではなく、グループで一バケツというではありませんか。
広大な田んぼでイナゴを追いかけながらの稲刈りとは大違いですよね。鎌で稲を刈って束ねたり、落穂を拾い集めたり、コンバインに乗ったり…そして後日25㎏の米が届くそうです。楽しそうですよね。でも大人はけっこう疲れちゃいますよね(';')

このページのトップへ

95.ポポー

数年前に庭の隅に植えたポポーの木がやっと3つの実をつけてくれました。
手のひらいっぱい、ずっしりとした重量感ながら少しだけ表面が柔らかになっていて、指先に少し力をいれただけでポロンと枝から離れました。
ポポーはバナナとリンゴとマンゴーを合わせたような味と聞いていましたがそんな旨い話が…と思っていました。
でも本当にその通りだったのです。黒い大きな種も入っていてトロ~リと甘いフルーツ、大学生の孫はスプーンで食べながら「プリンみたい」と表現しました。
ご近所さんも日ごろから注目していたので、ほんの少しずつ味わって頂きました。みんな珍しがって好評でした。

思えば…幼い頃の生家に2m近い痩せたポポーの木が一本ありました。でも父の話ではポポーは2本植えないと実が付かないらしいということでした。でも私はバナナとリンゴを合わせたような美味しさだという話にひかれて毎年気になって眺めていました。
その木もいつのまにか無くなっていましたけど…(';')

今では改良も進んで、1本でも実のなるポポーの何種類も園芸店で売られています。これまで全く実をつけない木を引っこ抜こうかと何度思ったことか…抜かないでよかった。来年はもっとたくさん実をつけてね、お・ね・が・い(*^-^*)


DSC_1045.jpg

DSC_1044_20190919140343d93.jpg

このページのトップへ

94.台風のあとで

台風15号が関東地方にまっしぐらでしたね。交通網で大変な思いをされた方もご苦労様でしたね。私の畑も荒れ放題。キューリの棚が倒れ、百日草がバタバタ倒れ、オクラも万願寺唐辛子も・・・ナスは辛うじてふんばってました。しかし土砂や水害に遭われる方々を思えばそれくらい何のことありませんよね。

台風が去っていよいよ秋らしい季節がやってくるのでしょうね。美味しいフルーツの秋。今年も娘の家のぶどう(藤稔)がたわわな実をつけたと写真付きのラインで報告があり、私も植えたくなりました。そう思うといてもたってもいられない私、ジョイフル本田でシャインマスカットとピオーネの苗木を買ってきて植えました。もう今から来年が楽しみになりました。つづく・・・

昨夜、つづく…と書いて閉じたけど何を書くつもりだったのか最近物忘れが…ねえ。そういえば倒れてしまった背高のっぽの百日草をドッコイショと立て直してみると、下の節々にはまだまだ新しい花の芽が生まれていました。百日もの間、次から次へと咲き続けるのでこの名があるのでしょうね。この花は切り花にして飾ると驚くほど長持ちするので、特にご仏壇のある方にはとても喜ばれますのよ。赤、真紅、白、ピンク、オレンジ、紫、薄紫などとてもきれいです。

百日草(あちこちに植えてあります)
DSC_0781.jpg

2階ベランダで咲き続けるポーチュラカ。左側にはメダカのひと箱もあります。
DSC_0954.jpg

このページのトップへ

93.これから…

このブログも永いこと住人不在状態が続き…でもちゃんと居たんですよね~妙齢の〇女が。何がそんなに忙しいの?って聞かれます。 ほんとうに色々とあるんですよね。

もちろん楽しみもたくさん。例えばコーラスかれこれ30年(女声合唱の集「あこや」)。小さな畑での野菜作り。メダカちゃん…(*^_^*) 今年もたくさんベビーが生まれました。でも「ほしい方はご自由にどうぞ」と外に並べてある水草のように、人にあげたりするのも楽しいので増えては減っての繰り返しです。 畑のシソの葉も、鮮やかな百日草の花もご自由に…です。

楊貴妃の稚魚です。成長すると真っ赤になります。
DSC_0981.jpg>
ミユキです。白銀色に輝いています。
DSC_0987.jpg

オロチです。漆黒色がカッコイイ。
DSC_0995 (1)

混浴…じゃなくて、混泳もきれいでしょ。
DSC_1011.jpg

DSC_0965.jpg
左から楊貴妃(赤色)、ミユキ(白銀色)、オロチ(漆黒色)、この3種が私のお気に入り。
右端は3色混合(?)の稚魚。どんな色が生まれるか楽しみ。 こんな発泡スチロール箱が他にも大小6つもあります。
水草はオモダカ、ウォーターポピー、フロッグピット、サンショウモ、ホテイ草、アナカリスなどです。




このページのトップへ