FC2ブログ

 ニャンと気ままに…♪   

🌸日常生活の雑感と他愛のない詩など小作品を紹介します       comment もお寄せ下さいね。      

89. シシオドシ

「シシオドシ」

お山に雪がふりました
雪は 色を消しました
雪は 匂いを消しました
雪は 音を消しました
谷間で凍ったシシオドシが
コーンと鳴らない夜でした

わたしは布団にもぐります
だまってゆっくり数えます
水がチョロチョロ注がれて
それからゆっくりかたむいて
コーンと鳴るのを待ちました
それでも鳴らない夜でした

山のくぼみでイノシシも
やっぱり数えているだろうか
夢でドングリ クリの実が
ヒトコロ フタコロ サンコロリ
そろそろコーンと鳴るような
そんな気がして目を上げて
耳を澄ましているような

DSC_0414.jpg
今年の年賀状です。

※ 74. 「鹿威し」を年賀状用に短く書き直した詩です(一部訂正アリ)。
 鹿威しと書いてシシオドシ…元々はイノシシよりも鹿を追い払うものだったのかしら? 最近は日本各地でイノシシの被害に悩まされていますが、イノシシだって生き物だもんね。 産まれたからには生きねばならないから村に町に食べ物を求めてやってくる。 昔のように山に実のなる植林がされていたなら、山の生き物として幸せに暮らしていけるのにね。なんだか最近のイノシシさんはかわいそう。

スポンサーサイト

このページのトップへ

88. 沼田のカエル

「沼田のカエル」

カエルなぜなく 沼田の畔で
水の三日月 ゆれるじゃないか
はあ…
ねっころりん すっころりん
どっちむいても
ひとりぼっちの 背中が寒い

カエルどこゆく 野の草ふんで
下でミミズが さわぐじゃないか
へえ…
イボしょって 草しょって
おらがの池に
なきむし太郎の 声あるほうへ



※ こんな寒い冬の日に夏の詩ですね~。
  どこから引っ張り出してきたんでしょ(≧◇≦)

このページのトップへ

謹賀新年

遅ればせながら「新年おめでとうございます」
昨年は何かと多忙な一年でしたが、今年は少し落ち着いて過ごせそうな気がします。
でも年齢を重ねることにより体中の関節の油が切れてきたようなので本気でウォーキングしようと思います。
ルイボスティー、手作りヨーグルト、豚足から煮出したコラーゲン、えごま油、甘酒、アロエ・・・そんな食品ばかりに凝っていたらダメですよね(#^.^#)。体を動かさなくちゃね。詩も書きたいし…だけど脳味噌が固くなっちゃってね…そうそう昨年作った味噌がとっても美味しくてね~。また次の仕込みをする季節になりましたのでたのしみ~(^^♪
そういえばコンニャクもね、暮れにた~くさん作って兵庫の知人、香川の親戚、東京の・・・と送りました。今回は香りも良く、ツルンと柔らかくてわらび餅に近いような(柔らかすぎ?)…でも好評でした。薄く切って酢味噌(酢・味噌・砂糖・からし)やワサビ醤油が定番でしたが、送った相手からニンニク醤油も旨いよと教えてもらいました。 17日の「あこや」の総会・懇親会にもまた作っていきますね。

DSC_0404.jpg
小さなお供え餅です。毎年親戚の餅つきの手伝いに行くのですが、ついでにお供えも作ります。好きなように作っていいのですが、いつもの2段を小さな3段にしてみました。ちょっとぺっしゃんこですが、自分なりの意味を込めて3段に(^^♪
もち米は全部で2斗以上(約30㎏以上)。半日かかって、のし餅、海苔餅(カキ餅用)、お供え餅、あんこ餅、大根の辛味餅にします。いつも~くさん頂戴しますが市販の餅とは別格の美味しさです。>ちなみに餅つきは昔は3斗位を杵と臼でつきましたが、いまは餅つき器です。

このページのトップへ

87. あれもこれも

DSC_0372_2018122011251450f.jpg
ソバ打ち…週に1~2回はウドンかソバを打ちます。今回はこの量を4人でいただきました。とても高評価(#^.^#)

DSC_0374_201812201125117e5.jpg
石見銀山の鉱夫たちがおやつに食べていたという菓子「げたのは」です。先日テレビでレポートしていたので真似て作ってみました。素朴でおいしいです。
小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーをこねて平らに伸ばし、三角形に切ってオーブンで焼き、溶かした黒砂糖を塗って乾かしたものです。2枚を打ち合わせるとカチッカチッと下駄で歩くような音がします。現在は伝統菓子として地元で売られているのは1軒だけだそうです。

DSC_0401_20181220112513360.jpg
屋外のメダカちゃんが冷たい水の中でじっと耐えているのが可愛そうなの玄関に入れてあげました。ここには約50匹入っています。 黒くて丸く見えるのはマリモ「3個)」です。浮いたり沈んだり…小さな7個は別の水槽です。

DSC_0391_20181220112510502.jpg
演奏会で戴いたランは鉢を植え替えたりして2階の窓辺で冬の日差しを浴びています。茎を残したものには小さなつぼみもでてきました。今回はじょうずに冬越し出来るかなあ。いつも失敗ばかりしています。

このページのトップへ

86. 金アジ

昨夜8時ころ、ピンポ~ン♪ と来られたのは、2年前までお向かいに住んでおられたご主人。
「久しぶりに釣りに行きましたよ。今帰ってきたところです」と2匹のアジを持ってきてくれました。
写真ではわかりにくいのですが、金色に輝き、尾までは35センチもある大物です。
これぞ今が旬の東京湾ブランドの金アジ・・・ですね?
以前もよくアジ、サバ、イサキ、イシモチなどをいただいたものです。
DSC_0382.jpg

一日熟成させた今日の夕飯にはお刺身に、アラはお吸い物にして、う~ん、どちらも美味でした。
明日もまだ楽しみです。お魚をさばくのは結構好き。寒ブリもそろそろですね。
DSC_0384.jpg

このページのトップへ